眠りのアロマ緩和ケアNAOKO

終末医療に従事した看護師による女性のための出張アロマ

【これから、何を捨てるか(何を選ぶか)が大事】

眠りのアロマの青木です。

 

 

f:id:rosemarylab:20181031013453j:plain

 

 

 

 

さて、私がそもそも

アロマのことをし始めたのは

 

 

 

自分の心身に不調→生活が破綻

 

 

 

という経緯をたどったことが

きっかけでした。

 

 

 

 

結局、婦人科受診していないので

「更年期障害」という

診断名はないのですが、

 

 

 

 

 

更年期に似た症状に戸惑い、

生活が狂い始め、

 

 

 

 

 

それをただひたすら

「できのわるい自分が悪い」という

自己否定で終わらせたことで、

 

 

 

 

 

何の解決にも至らず、

ただ周りに迷惑をかけて

地獄を見たという、

 

 

 

 

 

目も当てられない結果に

終わりました。

 

 

 

 

 

それから少しずつ

アロマなどを勉強しながら

自分を取り戻しました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、

それまでの私は

 

 

 

 

 

看護師という職業をしていながら、

「心と身体」について

今ほど興味がなかったのも事実。

 

 

 

 

 

 

でも今は、

 

 

40歳を過ぎてからの

カラダとココロとの付き合い方

について、

 

 

 

 

もっといい方向に向かうための

ヒントはないかと

探しています(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつには、

 

「知っていればこんなに苦しむ

 必要はなかったのに」

 

 

という人を減らしたいということ。

 

 

 

 

世の中には知らないで

終わることが

山ほどありますね。

 

 

 

 

 

 

 

「情報格差」というものが

私たちのまわりには

ごく普通に存在しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

「更年期」

 

=女性ホルモン量が揺らぎながら

 減少していく時期

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

の過ごし方として、

 

 

 

 

 

 

最低でも

 

 

「今までのような頑張りが

 きかなくなる自分」

 

 

 

というものを

計算に入れておいたほうが

 

 

 

 

快適に過ごせるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

その引き算をしたうえで、

 

 

 

 

さて自分はこれからは

どう生きていこうか?

 

 

 

 

 

 

を考えるよい機会でもあると、

私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若くて体力気力があったときは、

嫌でも何でもやれてしまうところが

ありますね。

 

 

 

 

 

それが自分にとって好ましいか

好ましくないか別にして。

 

 

 

 

 

しかしこれからは、

 

 

 

 

残りの人生をより身軽に自分らしく

楽に過ごすために

何を捨てるのかを考えるのです。

 

 

 

 

 

 

f:id:rosemarylab:20181031013715j:plain

 

 

 

例えば、

うちは母子家庭なんですが、

 

 

 

 

 

息子が高校生になり

大学など進路問題が

よりリアルになってましたが、

 

 

 

でもこれは

最近になって手放しました。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

振り返ってみても、私は

全然いい母親じゃないです。

 

 

 

ダメな母親の見本なら、

なる自信、あります(笑)

 

 

 

 

 

 

私が息子の人生のレールを

敷いてやらなければ、、、と本気で

ずっとずっと思って

 

 

 

 

息子をコントロールしようと

してきましたが、、、

 

最近、ハッと気づいたことは

 

 

 

 

 

こんな私みたいな

母親が敷いたレールに乗っかって

幸せになるような息子ではない、と。

 

 

っていうか、そもそも

あいつは乗っからない!(笑)

 

 

 

 

 

私の価値観のレールに

乗せようとしてたから

反抗ばかりだったのかな。

 

 

 

 

でもどうせこいつは、

どう転んでも

ちゃんと自分の人生を

切り開いていくから大丈夫。

 

 

 

 

はじめて息子を

信じることにしました。

 

 

 

 

結局なるようにしかならないし(笑)

 

 

 

 

そして、

私もできることしかしない。

 

 

無理は、しない。

 

 

 

 

 

 

そしたら、息子が

近寄ってくれるように

なりました。

 

 

 

 

 

 

 

イライラしながら

息子をコントロールする(される)

よりも

 

 

 

 

息子を信頼して、

今一緒にいる時間を

大事にしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

 

 

 

 

自分が握りしめていたものを

ちょっとずつ手放していって、

 

 

 

 

どうしたら自分の本心に従って

楽に生きられるかを

考えるようになりましたね。

 

 

 

 

これからは、いらないものを

持ち続ける体力も気力も

無くなってくるのですから

 

 

 

 

 

 

 

省エネ対策、当然です!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄などありえない。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

「体に起こる反応は、

 

 たとえそれが好ましくない形で

 

 表れたとしても、

 

 すべて自分の体を守るために

 

 起こっているのだ」と

 

 

 

 

 

 

免疫学の権威であり

自律神経と免疫系の関係を

さいしょに発見した

 

 

安保徹教授が

 

 

 

ご著書(「免疫革命」)の中で

そう書かれていたのが

印象に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私は、

 

 

 

 

女性の更年期も、

そういうものだと

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、なぜ神様が女性に

こんな過酷な更年期を

お作りになったのか、、、(笑)

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、

 

女性が原点回帰する、

つまり女性らしく生きるための

神様からのプレゼント

ではないか、

 

 

とすら思うのです。

 

 

 

 

 

 

現代で失われがちな

「女性性」を取り戻す、ために。

 

 

 

 

女性性とは、スカートはくとか

女らしくするとか

そういった偏見のものではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

芸術性や創造性、

 

育む、母性、調和

 

存在そのもの(being)など。

 

 

 

 

 

 

逆に男性性とは、

 

 

 

 

 

コントロールする、

 

生産性、計算、

 

構造を与える、父性、

 

競争、doing、など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった概念を指します。

 

 

 

 

 

 

女性であっても両方持っていて、

 

人によって比率が違うし

だいたいの人が

場面により使い分けています。

 

 

 

 

仕事の時は、だいたい

男性性優位だと思います。

 

 

 

 

 

 

家に帰ったら母親らしく

女性性優位になる自分が

表れたらいいですが、

 

 

 

 

 

 

いかんせん、

家事育児などは

時間との闘い。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり忙しい現代では、女性は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事でも男性性優位、

家庭でも男性性優位、

 

 

 

にならざるを得ないのです。

 

 

 

 

 

 

生産性、

 

スケジュール、

 

 

効率よく、、、

 

 

 

 

 

 

 

と、四六時中、

男性性で生きている

女性も多いと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとする

正確にこなす

計算通りにする

無駄なく納める、

管理する、、、、

 

 

 

 

 

 

それが心地よいと感じる

女性もいるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、、、息が苦しい、、、(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そう思いませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそういうのが

苦しい!と感じる派です。

 

 

 

 

もっと言えば、

 

ほんとは↑そう↑したくないけど

そうしなきゃいけない!と思って

頑張ってきた派です。

 

 

 

 

 

最近、気づきました(笑)

 

 

 

 

f:id:rosemarylab:20181031015647j:plain

 

 

 

 

 

 

仕事、家庭、育児、介護、、、

 

 

 

 

どうしても交感神経優位

(戦闘モード)で過ごし

 

 

忙しい最中に

生き方を変えるのは

 

大変ですが、

 

 

 

 

 

でも、思うように

できない自分を責めずに

 

 

 

 

副交感神経優位にして

リラックスする時間を持ち、

 

 

 

 

現状のできない自分をも

認めていくと、

 

 

 

 

 

 

「意外に手を抜いても大丈夫かも」

 

 

 

 

 

 

と思える道がひらけてくるのも

 

私の経験上、事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々書きましたが、さいごに。

 

 

 

 

 

 

 

 

40歳を過ぎて、

体と心のバランスが取れなくなって

しんどく感じるあなたへ。

 

 

 

 

 

意識してリラックスする

=気を抜く時間

 

 

 

を、とにかく一度

作ってみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、もしよかったら、

 

 

 

 

 

あなたが本来持っている

「女性性」に目を向けて

 

その女性性のエネルギーを

よみがえらせてください。

 

 

 

 

 

アロマのエネルギーを使うとか、

 

自然の中に行くとか、

 

創造性を刺激するような

芸術に触れてみるとか、

 

 

動物や小さい子供と遊ぶとか

 

 

何でもいいと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも女性が

 

幸せを

 

感じられないような

 

男性性優位の社会構造が

 

 

 

 

 

 

 

サイテーで

悪いんですっ!!(笑)

 

 

 

 

 

 

あなたのすばらしい女性性を、

もっと

世にはびこらせましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

悩んでばかりではなく

 

 

 

プレ更年期~更年期を、

自分らしく楽に生きるための

ターニングポイントに

していきましょう。

 

 

 

 

 

苦しい場面もあるかもしれないけれど

(実際あると思う、、、)

 

 

 

 

 

そんな風に思える仲間が

これからいっぱい私の周りに

増えることを祈っています(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

ローズマリーラボ代表

青木直子

 

 

 

----------------------------------------------------

私もアロマで変わることができたので、

あなたにもLINE講座で

その方法を楽しくお伝えします。

ぜひご登録くださいね。

↓ 

https://line.me/R/ti/p/%40oxu5178m

 

 

まずは気軽に、あなたのお悩みを

私に直接お話してみませんか?

15分間の無料相談をプレゼントします!

 

『無料相談』とメッセージください

→ https://line.me/R/ti/p/%40oxu5178m

 

 

 

 

 

 

▼お問い合わせはこちら

ローズマリーラボ【お問合せ】

 

▼無料公式メルマガ登録はこちら

【無料公式メルマガ】RosemaryLab(ローズマリーラボ)通信

 

-----ローズマリーラボ----------------------------

公式URL:

http://aromacare-naoko.hatenablog.com/

お問い合わせ:担当 青木まで
お気軽にお問合せください。

ローズマリーラボ【お問合せ】

プライバシーポリシー:

http://aromacare-naoko.hatenablog.com/entry/2018/02/26/124741

特商法表記:

http://aromacare-naoko.hatenablog.com/entry/2018/02/26/124957