眠りのアロマ緩和ケアNAOKO

終末医療に従事した看護師による女性のための出張アロマ

NAOKO流~40代からの眠りのアロマ講座~更年期・前編

40代以降の女性には、以下のような作用のある精油が私的にはおススメです①女性ホルモン様作用のある精油②ホルモンや自律神経を整える精油③心を穏やかにする精油④痛みや疲労回復に役立つ精油⑤不眠に良い精油。こういった中から精油をえらんでブレンドしベース…

【これから、何を捨てるか(何を選ぶか)が大事】

今は40歳を過ぎてからのカラダとココロとの付き合い方についてもっといい方向に向かうためのヒントはないかと探しています(*^_^*)ひとつには、「知っていればこんなに苦しむ必要はなかったのに」という人を減らしたいということ。「情報格差」はごく普通に存…

「眠りのルーチン」って何?

あなたは眠る前に何か習慣にしていることはありますか?いわば眠るための「ルーチン」ですが、私は眠る前に必ず一呼吸置くようにしてます。寝る前に休むって、なんだかおかしいんですがつまり「眠りにすんなり入るための儀式」です。

【重要】40歳からの女性が眠りとアロマで心を穏やかにしたほうがいい理由

今回のテーマは、若干失礼な感じの表現ですがお許しください。これにはちゃんとした理由があります。寝ても疲れが取れない。元気が出ない。用事をすぐに忘れる。イライラしたり落ち込んだりする。あなたにはこういったご経験がありますか?これは私が40歳を…

蓄膿症でニオイ音痴だった私が、アロマで変わりました

最近はコンビニでもアロマが買える時代。それだけ社会的にも「香りへのニーズ」が高いのだと私は思います。 私たちは「香り」などなくとも 生きていけます。それなのになぜ、 「香りへのニーズ」が高まっているのでしょうか?その答えは、蓄膿症で匂いのない…

【プロフィール】

40代になって私が感じた悩みとは・やることが多いが、やる気が出ない・気分が下がって、憂うつになる・疲れやすいし、疲れがなかなかとれない・寝つきが悪く、朝起きるのがつらい・しょっちゅうモノ忘れするといったこと。40代~50代女性に特有の「悩み」を…

眠りのアロマ【無料公式メルマガ】メルマガ登録はこちらから

眠りのアロマ緩和ケア【無料公式メルマガ】ローズマリーラボ通信のご登録はこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ https://my66p.com/p/r/OL9y00gg お問い合わせはこちらからどうぞ → ローズマリーラボ【お問合せ】

「眠りのパワー」とアロマのお話

あなたは眠れないときに睡眠薬を使ったことがありますか? 「また眠れなくなったらどうしよう」という不安があって、私は睡眠薬を飲み続けてました。・睡眠薬を使ったときの「眠り」には、何か違いがあるのでしょうか?「眠りのパワー」とはいったい何なので…

アロマでよりよい眠りを

あなたが毎晩、よりよい『眠り』につくために習慣にしていることはありますか?好きなパジャマを着て寝る、寝具にはこだわる、寝る前にスマホをいじらない、リラックスする音楽を流す、などなど。 などなど。

お問い合わせ

「眠りのアロマ緩和ケアNAOKO」への お問い合わせはこちらからどうぞ → ローズマリーラボ【お問合せ】 大阪府枚方市で 女性専門の出張アロマケアの ご予約を承っております。 → ローズマリーラボ【お問合せ】 出張代金無料で出張可能なエリアは、 以下のよう…

特定商取引

特定商取引Rosemary Lab.(ローズマリー・ラボ) 所在地・連絡先 大阪府枚方市香里ケ丘7丁目9ー2ー208072-852-5539運営責任者 青木直子(Naoko Aoki)

個人情報保護の方針

Rosemary Lab.(ローズマリー・ラボ)(以下「当事務所」といいます)は、個人情報の取り扱いは大変重要な事柄であると考え、個人情報の取り扱いに最大限の注意を払います。 個人情報の開示と取り扱いについて当事務所は、サービス遂行上必要な範囲内で、お…

眠りの緩和ケアと「こころ」のお話

「PTSD」(心的外傷後ストレス障害)この症状に、アロマトリートメントが有用であるというお話を聞いたことがありますか?

お客様の声 2017年12月

眠りのアロマ緩和ケアNAOKOです。昨年12月にご友人と子供さん方のお集まりのご自宅に出張しました。お仕事などで普段なかなかサロンへ行くことができない皆様に施術をお受けただきました。これはその時のお客様の感想です。

続き 42歳から。

眠りのアロマ緩和ケアNAOKOです。女性も責任や役割を負う時代。多くの女性が知らぬ間にストレスを抱えて無理をしやすい環境にあると思います。そのような中で私自身が経験した人生の転換期とアロマについて書きました。

ホスピスでの経験

眠りのアロマ緩和ケアNAOKOです。18年前、当時私がホスピスで新米ナースとして働いていた時のこと。余命三か月…患者様の限られた時間の中で、新米ナースの自分に何ができるのかと思い悩む毎日。「人から理解されていると感じること」の大切さを私に気づかせ…